コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

SHINOBI-HEART UNDER BLADE-

小説「甲賀忍法帖」も漫画「バジリスク」も知っているので、映画化知った時はさほど気にしてなかったのですが…。
 キャストを見たら…仲間由紀恵さんとオダギリジョーさんが出演Σ(○□○)ひ、人質とられた!(コラ)
 と、いうわけで、友人と観て参りました。

「SHINOBI-HEART UNDER BLADE-」

原作小説もあるし、漫画版もあるので、どこで何のネタバレ起こすかわからないので、ネタバレヤダモン!o(≧△≦)o
と、いうお方はスルーしてくださいませ<(_ _)>




この位でいいかな…?
 まず、いきなり突っ込みそうになったのは、サブタイトルの「HEART UNDER BLADE」…そのままじゃないですか(・ω・)
もうちょっとヒネろうよ…それか無くても良かったんじゃないか、と…。
メインタイトルの「SHINOBI」も、そのままじゃないですか!
忍者としての生き方、忍者なのにその運命に逆らって生きようとする生き方、普通の民としての生き方、を投掛けたかった…のかもしれませんが…やっぱりもうちょっとヒネろうよ…。
 …なんて、タイトルとかオリジナル小説のキャラ名付けるのに七転八倒する人が、言っちゃ駄目ですかね?(´・ω・`)

冒頭から可憐でした~朧(仲間由紀恵)様。
そりゃ、弦之介(オダギリジョー)様も一目でフォーリンラヴ(古)ですよ。(蛍火役の沢尻エリカちゃんも可愛かったですが…)
 個人的には、固有術同士の相性の良さ悪さの組み合わせの忍術合戦のアクションを期待していたのですが、あまりその場面には時間は割かれてなかったですねぇ…。
なので、「和製ロミオとジュリエット」って感じでしょうか。朧様はジュリエット程、こう…自発的に想いを伝える人ではなかったですけれども。

 汚レタ大人として、友人と気になった点を一つ…
弦之介様が朧様に向かって「二人だけの祝言をしよう…ハヤテお前が媒酌だ」発言の後、お互い里に帰った様子に切り替わりましたが…あの発言の後、ナニかあったですか!?無かったんですか!?教えてください!(爆)
 だって、里に帰った時の朧様が何か恥らっている様に見えましたよ!
それは、ただ単に二人だけの「祝言」に恥らっているだけですか?
弦之介様の母君の形見を証拠として頂いたからだけデスカ?
「二人ダケの祝言」をしちゃったからですか!?(殴)

 そして、忍者モノには欠かせない「全く忍んでいない衣装」!
可愛かったし、個性豊かで良かったですv(イインダ(笑))
朧様の衣装は勿論の事、弦之介様の赤い着物…全然忍んでない~(笑)
格好よかったので可、ですが。勿論v
「伊賀方に1人ビジュアル系が!?」と思ったら夜叉丸(坂口拓)さんでした(苦笑)
髪はめちゃ長いし、袖も引きずる位の衣装で「それ、絶対邪魔でしょ?邪魔だよね?」みたいな…。倒されてしまって、甲賀方に顔を盗られてしまっていましたが、そのシーン…坂口拓さん死んだフリしてるのに、顔もみもみくちゃくちゃされて大変そうでした(笑)
 でも、やっぱり一番派手だったのは、薬師寺天膳(椎名桔平)さんかなあ。
派手で格好良かったです~♪
役所も、一番イイトコ取りだった気がします。
斬撃等の攻撃では殆ど不死に近い体を持った天膳は、何百年も生き続けている忍なので、これまで見て来た事を教え諭すように、甲賀と伊賀の間での争いをしないで済ませようとする弦之介様に「忍びとは何か?」と問いかけ「忍びとは太平の世には不必要な物なのだ」と語っている所、渋かったです(>_<)ノ
彼の敵である、自ら手を下してもう虫の息な敵の陽炎(黒谷友香)さんに向かって
「俺を終わらせてくれ」
の最後の一言。で、自ら陽炎さんにキス。
陽炎の毒に因って彼は命やっとを落とします(よくあるパターンと言ってしまえば、それで終わっちゃうんですが…(-_-;))
あの…そこは…もう…なんていうかこう…陽炎さんもセクシーだったので…あぅ…はぅぅ(/ー\*)
筆舌に尽くしがたい萌え(・ω・)
全体的に、天膳の存在が物語り自体をぎゅっっと、締めてる感じを受けました。

それから、弦之介様と朧様の最後の再会シーン。(我が地方の砂丘使用したそうですが。)
そりゃ、あんな綺麗な人に刺されかけても、反撃出来ませんて!
私も弦之介様だったら、避けませんね(・ω・)
    全身で受け止めます!
    そして抱きしめます!

朧様が弦之介様から託された事を成し遂げるために、家康公の前で自らの秘術を封じるべく、両の目を潰してしまったシーン。
私が、泣いていたというのはヽ(  ̄ー ̄)ノひヽ(  ̄◇ ̄)ノみヽ(  ̄з ̄)ノちゅ♪です(・ω・)

ちょっと残念だなーと思うのは、甲賀の最終兵器と言われる弦之介様のご活躍シーンが殆ど無かった事でしょうか…。服部さんが遣わした雑魚に一回発揮されたダケ…(´・ω・`)
 勿体無かった気がします~。


そんなこんなで、すっかり楽しんで参りました。
いやー、純愛モノとしてはかなり良かったですよ~。
(個人的キャストの贔屓目もあるかと思いますが(/ー\*))



半壊(全壊?)しつつ、今日はコレまで!ドロン!
弦之介様と朧様の最後のシーンに使われた砂丘…。
そういえばBUCK-TICKのJUPITER(古っ)のPVにも使用されたそうで(笑)
いや、それだけなんですけどね(/ー\*) イヤン♪
 幻想的なPVだっただけに、それを知った時は、急に庶民的なイメージになってしまいました…中○島砂丘で転がってたのか…あっちゃん…。

あそこ5月頭は単なる巨大凧揚げ場所だよ…で、出店が並んで道を作る場所だよ?(爆)
いい歳したオッサンが、昼間三日連続で酔っ払って集団で叫びながらラッパ鳴らして揉み合いながら、練り歩いて大凧揚げる場所だよ?(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チャーリーとチョコレート工場観たよ

本日は、メゾン・ド・ヒミコとチャーリーとチョコレート工場観てきました。就活も夜バイトもこなして映画2本も観れたなんて自分を褒めてあげたい。まずはチョコレート工場の感想

SHINOBI

『SHINOBI -HEART UNDER BLADE-』 日本/2005監督:下山天出演:仲間由紀恵 オダギリジョー 椎名桔平 黒谷友香 沢尻エリカ りりィ    寺田稔 坂口拓 升毅 虎牙光揮 松重豊 北村和夫 石橋蓮司「あきらめるな、運命(さだめ)は俺達が決めるんだ」山田風
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

かれんだぁ。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ぷろふぃいる。

西崎充琉

  • Author:西崎充琉
  • 『猿猴捉月』(エンコウソクゲツ)にようこそ。
    いわゆるオタクというものに属します。
    基本的に何につけても単行本派なので情報&反応遅いです。
     好きな作家:京極夏彦氏、隆慶一郎氏、池波正太郎氏とか?好きな詩人:萩原朔太郎氏、中原中也氏
     押井守氏好き。
     お気に入りの音楽は主に黒系。BUCK-TICK大好き。hideちゃん…(=人=)祈
    関ジャニ∞をひっそり(?)応援中。
     歴史も好きです。映画も時々観に行っております。
     魅力を感じるの:カッコイイモノ美しいモノかわゆいモノ。…歪んでるモノ。壊れかかってるモノ。素直なモノ。ゴッツイ物。ブーツ愛してる。大鎌Love。
     あ!それから物凄い勢いの迂闊者です。傾奇者ならよかったのになぁ。

    目指せ!桃井かおり氏&モニカ・ベルッチ様!(無理だから(笑))
かてごりぃ。
めぇるふぉおむ。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事。
最近のこめんと。
ブロとも申請ふぉおむ。

この人とブロともになる

りんく。
ぶろぐ内検索。
RSSふぃいど。
さすらいペット旅情編2。
「きみたか」と読みます。通称キミ君。

最近のとらっくばっく。
AdSense広告。
ひっそりかうんたぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。